結婚式余興が盛り上がるフラッシュモブとは?プロに依頼する費用

結婚式フラッシュモブ

こんにちは。フラッシュモブジャパンの柴田です。
2021年現在、結婚式余興の定番となりつつあるフラッシュモブだけに今さら質問できないですよね。
そこで結婚式フラッシュモブを9年やってきたプロがその意味と成功させる秘訣を伝授します。

フラッシュモブ結婚式とは

フラッシュモブ結婚式とは

フラッシュモブ結婚式とは、2000年に生まれたフラッシュモブをダンスに特化し
結婚式披露宴のサプライズ演出として用いられるものです。
主に新郎、新婦がフラッシュモブ会社に依頼をし
そのフラッシュモブ会社がプロのダンサーを用意し結婚式場の
スタッフに変装させサプライズで踊りだします。
そして依頼者である新郎、新婦は主役となり最後にダンス参加します。
また、新郎新婦の両親や親族、友人もダンス参加するケースがあります。
プロが踊るだけでなく、新郎新婦など普段ダンスをしそうにない人が
踊ることでサプライズとなり、余興が盛り上がります。

フラッシュモブ結婚式の準備

ここからはフラッシュモブ結婚式を実施するにあたっての準備を説明します。

結婚式場に承諾を得る

結婚式場

プロのフラッシュモブ会社に依頼する場合には
事前に結婚式場の担当プランナーさんにフラッシュモブが
出来るかどうか確認をする必要があります。
結婚式場によっては余興の持ち込みが不可であったり
結婚式披露宴の中にフラッシュモブを入れる時間が無い場合があります。
ちなみに結婚式のフラッシュモブの所要時間は約5分間です。

友人に参加をお願いする

フラッシュモブの参加

フラッシュモブ結婚式では必ず友達がしかければいけない。
という決まりはありませんが多くの場合、新郎、新婦と友達がダンスに加わります。
そこで予め何人かに声をかけておくと良いでしょう。
そうすることでフラッシュモブ会社に相談するときに「友達が何人か参加します」と
伝えることができ、振り付け作成の準備がしやすくなります。

フラッシュモブで使用する曲を決める

フラッシュモブの音楽

フラッシュモブ会社に依頼する前に曲を決めておくと良いでしょう。
本サイトではおすすめの曲を紹介していますので参考にしてみてください。
使用する音楽は知名度が高い曲、人気のある曲を使用すると良いでしょう。

フラッシュモブ会社に相談する

フラッシュモブ会社に相談

次にフラッシュモブ会社に相談し、どの会社に依頼するか決めるわけですが
複数の会社に相談して相見積もりをして比較検討されることをおすすめします。
複数の会社に問い合わせをすることで対応の丁寧さや迅速さ、費用を比較することができます。

ダンサーの人数を決める

フラッシュモブ会社に依頼をするときには曲とダンサー人数を指定する必要があります。
ダンサーの人数は多いほうが盛り上がる傾向がありますが
依頼者の予算に限りがありますから悩ましいところですね。
私がオススメなのは結婚式に招待されるゲスト人数の1割程度です。

ダンスレッスンをする

フラッシュモブの練習

フラッシュモブに依頼者やお友達がダンス参加する場合にはフラッシュモブ会社が行う
ダンスレッスンが必須となります。そこで友達のスケジュールとフラッシュモブ会社の都合を
調整しなければいけません。そして指定されたダンススタジオに行きます。
重要なのはダンスレッスン後に復習をすることです。
ダンスレッスンで振り付けを理解できたとしても、体に覚えさせる必要かあるからです。

結婚式当日の披露宴会場でのリハーサル

フラッシュモブのリハーサル

フラッシュモブ会社によっては事前にお口内場合がありますが
結婚式場でのリハーサルは重要です。リハーサルとは練習ではなく
本番同様に流れと立ち位置を確認することが目的です。
また、結婚式当日の場合には依頼者である新郎新婦はこのリハーサルに参加できない場合があります。
これはお相手にフラッシュモブをすることがばれないようにするためです。
この場合は友達とダンサーでリハーサルを行います。

そしてフラッシュモブ本番

本番で重要なのは振り付けを間違えないことではなく、笑顔で踊ることです。
もし振り付けを間違えたとしても笑顔でごまかすくらいがちょうど良いです。
普段ダンスをされない依頼者が笑顔をで踊ることが結婚式にふさわしいサプライズだと思います。

2021年最新フラッシュモブ結婚式の費用と相場

フラッシュモブの相場

フラッシュモブ結婚式をプロであるフラッシュモブ会社に依頼する場合には費用が掛かります。
その時の相場は以下のとおりです。

ダンサー3名の場合

相場は12万円~15万円くらいです。

ダンサー5名の場合

相場は18万円~25万円くらいです。

ダンサー10名の場合

相場は25万円~30万円くらいです。

フラッシュモブ費用は演出内容や交通費によって大きく変わることがありますので
気になるフラッシュモブ会社に希望の演出内容をや使用する曲を伝えて見積もりをもらいましょう。

結婚式フラッシュモブはリベンジプロポーズに最適

リベンジプロポーズとは

リベンジプロポーズとと、ちゃんとしたプロポーズをしないまま婚姻された男性が
婚姻の後に結婚式などでプロポーズをすることです。
フラッシュモブの最後に新婦にお花をプレゼントして
ゲストの皆様の前でちゃんとしたプロポーズをすることで
お相手に深い感動を与えることが期待できます。

リベンジプロポーズの動画

結婚式で新郎から新婦へフラッシュモブをしかける場合に、最後にリベンジプロポーズをされる方が多くいらっしゃいます。

フラッシュモブ結婚式で注意すべき点

フラッシュモブ結婚式

結婚式でフラッシュモブをしかける場合の注意点をまとめました。

サプライズやフラッシュモブが苦手な新婦(女性)には仕掛けない

フラッシュモブは万能ではありません。中にはサプライズが嫌いな方や
フラッシュモブが苦手な方がいらっしゃいます。特に新郎から新婦へ仕掛ける場合には
注意が必要で相手の好みを予めしぅっておく必要があります。
苦手なお相手に仕掛けてしますと失敗するだけでなく、今後の性格に支障ができる場合もあります。

お相手にサプライズがばれないようにする

フラッシュモブはサプライズだからこそ盛り上がり、お相手を感動させられます。
ですから、お相手にバレないにように進める必要があります。
ダンスレッスンに行く時はアリバイを用意する必要があります。

ダンスをしっかりと復習する

先にも述べましたが、主役である新郎、新婦が踊れていないと
お相手はがっかかりしてしまうかもしれません。
もちろんダンス未経験者が旨く踊ることは難しいです。
うまく踊る必要はありませんので、ダンスが止まらないように
余裕の笑顔で踊ることができれば大成功です。

結婚式フラッシュモブを成功させるために

結婚式余興

結婚式のフラッシュモブを成功させるために大切なことをまとめました。

時間に余裕をもってプロに依頼しよう

ギリギリになってフラッシュモブ会社に依頼をすると受けてもらえなかったり
受けてもらってもダンスレッスンをする日がなかったり
復習する時間が無いなど失敗につながる要素が増えてしまいます。
短くても結婚式の1か月前には依頼をしましょう。

ダンサーの人数をケチらない

フラッシュモブは結婚式に絶対必要な演出ではありません。
いうなれば贅沢なもので、お金に余裕のある人のみ実施できるものです。
にも関わらず予算をケチってダンサー人数を減らしすぎてしまうと
盛り上がりに欠けたりお相手に感動を与えられなかったりします。

それで、みなさんの成功をお祈りしています!

フラッシュモブジャパン 柴田 康宏

フラッシュモブジャパン 柴田 康宏

2021年より日本で最初にフラッシュモブ代行事業を始め、結婚式い、誕生日、プロポーズ、企業イベントなど実績は900件以上。。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP